愛情と矛先

君の強さは偉大なものだ

誰もお前のことなんか待っていない話

書いてて辛いブーメラン話です。あしからず。

 

かつて一緒のジャンルが好きで仲良くなった友人と
たびたび報告を兼ねて
お互いの推しの話をするのが私は好きだ。

彼女が追いかけている男性アーティストは
握手会やチェキ会が頻繁にあり、
最近人気が出てきたらしく、
以前のようにチケが取れない、助けてほしい
と協力を頼まれることが多い。
この話題になるたびに、
彼女は決まってこう言うのだ。

「彼は私が来ると思ってるから、行ってあげないと」と。

確かに、こういう事をいうオタクは多い。
なんなら、私も割とそのタイプだと思う。
でも友人の口からこの言葉を聞いて、
私たちは何を勘違いしているんだ…と思った。

確かに彼女はそのアーティストからしても太い客の方なのは間違いない。
ツアーもできる限り通って、花だって出す。
チェキ券、握手券を買い占める。
FCも友人にお金を払い、複数名義入って良席で入るのを頑張ってきたことを私は知っている。
そんな彼女なら冷静になってみればわかるはずなのに。

 

グループ自体の人気が出ている。
この時期に少しでも新規を増やしたい。
なのに今までの発売方法だと太い客が握手券を買い占める。
新規は増えない。
これでは困るから抽選にする。
本人確認書類がないと入れなくする。

 

つまりは、古参が当りにくくなっているわけではなく、
1人による買い占めを減らしているだけのこと。
それで重複当選が減っているから、
新規ばかり当っているように見える。

これは必然ではないだろうか。
それなのに当らないだの、
友人内で交換できたら、と思って、
他のメンバーにもかけたら他のメンバーだけ当った。
だのと文句をいうのは筋違いだ。
《そもそも、本命だけにかけないからそうなるんじゃないのか?
とたしなめても見たが、どうせ本命が取れないなら交換要員だけでも手に入れたいという気持ちもわからなくないので
仕方ないのかなとは思う。》


そもそも、
推しが自分のことを待っている、
という心理はどこから生まれてしまうのだろうか。

私の死んでしまった推しは(過去の記事参照)
よく「うにちゃんとずっと一緒にいられたらいいのに」とか
「一回会いに来てくれるだけで充分嬉しいよ、俺なんかに握手券使ってくれてありがとう」
なんて、依存させるような甘い言葉をささやくのが得意だった。

まるでDVを受けている彼女のようだ、と思った。
自己陶酔、とでもいうのだろうか。
彼の重い愛を受け入れられるのは自分だけ、
自分が暴力を受け止めてあげることによって相手を生かしている
と言わんばかりに
自分がお金をかけてやらないと相手は生きていけないのだ
と勘違いしているような。

クレーンゲームなどを置く位置を決めたり、
アームの強さを考える店員は
初めて入れた100円でどれだけ景品が動くように設定するか、
を大事に設定しているという。
1回目に掴んだときにある程度おおきく動いてくれれば、
もしかしたらすぐ取れるんじゃないか、
と思ってお金を払ってくれるそうだ。

どちらともに似ている気がするのだ。

それにまさにひっかかった人々が
彼はきっと私のことを好いていてくれる。
彼は自分のことを待っている、
もうすぐで彼のことが手に入る、
ような感覚になってしまうのではないだろうか。


きっと、彼女の推しは彼女のことを待ってなんかいない。
今は彼女のような太い客を量産するために、
少しでも多くの人に愛想をふりまく新規獲得キャンペーンの最中なのだ。

「新規なんかより私が来てくれた方が嬉しいでしょ」

そんなことはない。
新規の若い女の子がなけなしのバイト代で
おしゃれしてきてくれる方がずっといいはずだ。

彼にとってあなたが来てくれて嬉しい状況というのは、
券が余っているような現状であってこそ。
太い客に来てもらわなくては困るだけだ。

今書いている言葉が特大ブーメランなのもわかっているし、
解っていてもなお、オタクをやめられないのだから重症だ。


私の推しも、発売記念イベント的なものをしても
当日券が普通に出るタイプで。
複数枚買ってくれるような人が沢山いないので、
買い支えなければ、と思うことはある。
それでも、おそらく彼も私のことなんて待っていないのだ。
哀しいけれど。
認知もされていない、キャラと俳優を混同してみているような
ボサ眉の、しまむらの奥にしか売ってなさそうなチュニックを着たおばさんでも
同じお金を払ってくれるなら、その人にも同じようにきっと優しくすることはわかっている。


以前、遠い地方でのサイン会に
行くよとも全く言わずに参加したとき、
彼は登場して会場を見渡した瞬間に私の方をを二度見した。
そして私の番になったときに
「なんでいるの、もう。びっくりしたよ。」
と笑いながら肩をばしばし叩いて喜びを露わにしてくれた。
宛名はうにちゃんでいいよね?と勝手に書き始める始末で
なんて可愛いお砂糖対応なんだろうと思った。

 

待ってなくていい。
来ないと思ってくれている方がずっといい。

 

死んでしまった推しのように、
「うにちゃんに会えるのが楽しみで昨日眠れなかった」とか
吐くほど甘い言葉を言ってくれなくていい。

 

でも、できる事ならば、
私が現場に来なくなったとき、
もしかして何かあったのだろうか。と
心のどこかで考えてくれるような
そんな優しい推しであったら嬉しいな、と思う。

 

芸人さんの入り待ちの話。

推しの現場が始まって、
何書くか悩んでたらこんな時期になりました。

2.5って待ちが禁止の感じが多いですよね。
過激な方が多いからなのでしょうか?
ご本人自体に魅力を感じているよって伝えられる場所が
お手紙だけになるってなかなかしんどいなぁと思ったりします。
うちの推しさんはイベント年に1回あればいいほうだし、
文面だけだと違う解釈されてしまわないか、
不安だなぁと思ったり。

私が今まで通っていた娯楽の中には
OKなものが多かったのでそう感じてしまうのかもしれないです。
今日はそんな昔の推しの中で、
神対応してもらった話を書いてみました。


東京の芸人さんのAさんのことを
ラジオが面白くて好きになった。
いつか会いに行けたら、と思いつつ、
劇場が常設しているタイプの事務所所属ではないため
なかなか都合がつかなかった。
番組の感想のリプだけを送ったりする日が続いていた。
そんなとき、大阪の他の事務所の劇場でのライブが入り、
お手紙を渡したくて、入り待ちをしに行った。*1
しかし楽屋口前で、待てど暮らせど彼は来ず、
もしや違う入口から入った?と思い、
「お手紙渡せたらと思って楽屋口の付近で待ってたんですけど、もう違うところから入ってしまいましたか?」
とリプを送った。
こっちが勝手に待っているだけなのに、図々しいな、と思い、10分ほどで削除した。
諦めて、劇場スタッフさんにゲストにでも渡してもらえるか聞いてみようかな、
と思った頃、Aさんが楽屋口から出てきた。
本番までもう1時間もないのに、きょろきょろと見回して、
顔も知らない私を探してくれているようだった。
声をかけると、
「もしかして、うにちゃん?」
「よかった、まだいてくれて。」
って笑いかけてくれて、
「こっちに入口があるとかしらなくて、正面から入っちゃったんだ。ごめんね」
と謝ってくれた。
その頃私はどうやらかなり彼の言葉に救われていたようで、
ラジオが大好きであることを伝えると涙がぽろぽろ出てきてしまった。
びっくりした彼が
「どうした?大丈夫か?俺なんかに緊張すんな」
と言いながら、頭をポンポンしてくれて、
「あんな夜遅いラジオ聞いてたらお肌に悪いから、
来週からYouTubeでききなさい」
って笑わせてくれた。
そのあと何分か話して、プレゼントとお手紙を渡した。
このあとまだ飛び出しで仕事があると言っていた彼に
新幹線の移動中に食べられそうなものと、
子供へのお土産のお菓子を持ってきた。と伝えると、
「なんでそんな気が利くの」と褒めてくれた。
サインと肩を抱いて写真も撮ってくれた。
「俺コンビニ行くために出てきたんだった」
と、見え見えのウソをついてくれて
劇場の正面の入口付近まで送ってくれた。
「俺ら今日アウェイだから、いっぱい笑って助けてくれな?」
と言いながら手を振ってくれた。
その一度で、完璧に恋をした。
今ではテレビ中心の活動で、あまりライブにも出ない彼らを
見ることはなかなかに難しい。
それでも、ラジオから聴こえるその声に
私は今も恋をしている。

*1:そもそもお笑いはあまりプレボ文化がなく、入り待ち、出待ち、手売り時に手渡しがベタ

顔なんて覚えていない話。

前回の記事にスターいただきまして、
ありがとうございます。
どうかしてる話だったので、
お星さまもらえるなんてとびっくりしました。

私は基本的に人の顔を覚えるのが苦手だ。
仕事柄、服が好きなせいなのか、
それとも人見知りで無意識に目を合わせることを避けているせいなのか、
「よく店に来る○○似の顔の濃い人」とか言われても全く覚えていない。
それなら「いつも黒色のリュック背負ってる人」
とか言われた方が覚えているのだ。
それくらい、他人の顔を覚えるのが苦手。
接客業しててこれだから本当に救いようがない。

 

そんな私は勿論、
推しの現場に行っても他の人のことを覚えられない。
去年のイベで話しかけてくれた同世代くらいのお姉さんも
とても感じの良い人だったけど、もう顔は全く覚えてない。
可愛い色のコートを着ていたな、とかは覚えてるけど
次に会うのが夏だったらもうわからないこと確定だ。
だから、違う俳優さん好きな子に
うにちゃんとこの推しはどの程度動員あるの?と聞かれても
はて…??
うちの人の純粋な動員なんてあるのか???といった感じである。

 

てな感じで、私が若手俳優ならまじでポンコツだ。
「あーどうもどうもーありがとうございますー」
しか言わない握手マシーンになるしかない。
ちなみに推しさんが私のどの部分を
どう認識しているのかはわからないが、
ほぼすっぴんのときも
ばちばちに化粧してるときも、
ちゃんと認識してくれている。
化粧したとて無駄なのか?と少し悲しい話ではあるのだが、
「いつもありがとね。今日朝来たの?遠かったでしょ」
と言ってくれたこともある。
ある程度は私のことをどこぞの者か、
理解してくれているのだからありがたい話である。


彼は自分のファンの顔をどれだけ覚えているのだろうか。
地方住みの、通いともいえないくらいしか通えない、
弱小な私のことを覚えてくれている彼。
沢山のきらきらがひしめくこの世界で、
推しさんが少しでも長く、輝いていられるように。
応援しなくてはならないのだ、と思っている。 

推しが死んだ話

二個目の記事がこれってなんだよって感じですが、

ずっともやもやしてたことを文章にしたら、とてもすっきりしたのでどうせなら見てもらおう。のやつです。

一つ目の記事にも書きましたが

私は今、若手俳優さんのファンをしています。
彼のことを書きとめておきたくて、

始めたばかりのブログなはずなのですが、
とりあえず、

私のひとつ前の推しの話を聞いてほしい。


前の推しはV系のバンドマンだった。
(バンド名は書かないけれど、読めばすぐわかると思うので察してください)
バンギャの方ならわかっても らえるかと思うが、
V系は、いまやAK○さんやらと同じくらい、
握手会やらインストやらチェキやらをつけてCDを売っている。
 私の推しのバンドも例外ではなかった。

中でも、推しはものすごく営業が得意で、記憶力もずばぬけてよかった。
すぐに私の名前を覚えてくれたし、
ファンレも何度も読んでいると言ってくれたし、「この前のファンレのあれさ、」と話しかけてくれたり、郵送で送った切手の柄さえ覚えていた。
毎回髪型、服やメイク、カラコンすらも褒めてくれた。
東京に遠征したときは、
「大好きだよ。」
と言って抱きしめてくれたこともあったし、
「どうしてうにちゃんのようなかわいい子が俺のことをすきなのかわからない」
「これからも好きでいて、俺はうにちゃんがいてくれたら頑張れるから」
などという言葉がすらすら出てくる人だった。
47都道府県インストの最終日に
「よくがんばりました」って私が 頭をなでたら、
涙ぐみながら
「そんなこと言ってくれるのうにちゃんだけだよ、俺頑張ったよ」
と言いながら、手を頬にすりすりとすりつけてもっと褒めてとすがってくれた。
そんな彼が大好きだった。
彼との握手のために、徹夜厳禁のアパレルブランドのコラボの
整理券をもらいに終電で大阪に行って
始発の時間前まで友人とカラオケボックスで時間をつぶした。
ほしくもないださい服を5万円分も買って、整理券を貰った。

当時自分が働いていたブランドの服をあげたら、
その日の夜に出かけるときに着てくれて、
次の日のライブのアンコールは
いつもツアーTを着ているはずの彼がそのTシャツで現れた。
そのツアーの間に何度もそのTシャツを着てくれた。
 
バンドは私が想像していた以上に売れた。
握手券はいつのまにか全員との握手ではなくなり、
CDを2タイプ買ってつく握手券1枚につきメンバー一人との握手になった。
勿論私は推しにしか並ばなかったし、
推しの列が一番最初に列が切れて終わってしまうので、何度もループした。
「俺の列短くてごめんな、もっと頑張るからずっと見てて。」
そう言ってくれた。


さらに人気が出た彼らの握手会は抽選になった。
大阪のインストにシングル30枚分応募したが当たらず、
1口だけかけた広島のチケットが当選していて、
譲渡不可本人確認書類がいるものになったため、遠征するしかなくなった。
当日、のどが枯れて、体調が優れない中、握手会に行こうとしたら、
咳がひどくなり駅のトイレから出られなくなった。
乗り継ぐはずの電車に乗れなくて、急遽タクシーに乗った。
どうにか会場に着いたが、
彼の前に行くまでマスクは一時もはずせなかったし、
龍角散のど飴を一袋食べきっても、声が出ないかと思った。
1年ぶりにあった彼は
「久しぶり!うにちゃん!!声どうしたの、え、でもいつもと違う、かすれてるのもかわいい!すき!!」
と褒めてくれた。
往復の新幹線と、タクシー代で3万近くかかった。
握手はきっと30秒もなかった。
帰りの新幹線の記憶なんてなかった。
結局、2日後に病院に行ったらインフルエンザだと言われた。
熱が全くなかったとはいえ、非常識すぎた。
3万円かけて、どうしても彼に会えないのは嫌だった。
感覚が狂っていたんだと思う。
 
その後、さすがにメンバーが握手会での対応に疲れたのか、
CDがゴミになっている事実に耐え切れなくなったのか、
CDに握手券をつけるのをやめた。
そして私は、推しと会えなくなった。
ライブは大好きだったし、勿論行っていたけれど、
300人以下のライブハウスで楽しんでいたものが
アリーナクラスのライブが当たり前になってしまうと
さすがに物足りなかった。
FCで取ったチケも、最前のときもあったが、ひどいときは逆最前。
勿論、認識なんてしてもらえない。
いくら手紙を書いても読んでいるかの確認すらできない。
接触でどうにか保たれていた私の熱は一気に下がって行った。
それでも4年近く彼だけが好きだった。

その後、FCツアーに握手券がつくことになった。
また大阪のチケットは当たらなかった。
当たったのは第3希望の名古屋。
その頃、職場でセクハラやらパワハラにあい転職を考えていた私には
正直遠征するほどの熱や精神力がもう残っていなかった。
そのFCツアーの入金期限日に私は今の推しと出会った。
もう入金しなかった。
 
結果的に、ツアーに行かないことにしたのは正解だった。
そのツアーの最中に推しが結婚したのだ。
ファンに一番に報告する、とかいう筋すら通さず、
謎に新聞にすっぱぬかれた。
朝のニュースで見たとき信じられなくて、怒る気持ちにもなれなかった。
その事実がわかったとき、数少ない私の同担仲間たちは怒り狂っていた。
みんな私よりも大金を積んでいるギャばかりだったので
怒って当然と思って眺めていた。
FCツアー初日にマネージャーが結婚したと大騒ぎしておきながら、
当の本人はもっと前に結婚していた。
結婚したのはどうやらファンの中では有名な散々匂わせをしてきた女の人らしいということだった。
バンギャの気持ちを一番わかっているよ、
みたいなフリをしておきながら、
発表することもできたはずなのにしなかったのは、
ただでさえ人気のない色恋営業の自分が結婚したとなったら握手列がいろんな意味でやばい、
ということをわかっていたからではないのか?ということ。
営業だとわかっていても大好きと言われることが幸せだったから。
怒っているというよりも悲しかった。空しかった。
信用されていなかったんだ。
自分が結婚しても、ついてきてくれるって思われていなかった。
だからファンに最初に言えなかったんだよね。
その事実が発表されてからもFCツアーは続いた。
風の噂で彼の握手列だけ、更にものすごく人が減ったこと、
それでも彼の列に並んでいた子の中に彼のオキニがいて、
「奥さんの目を盗んで、夢の中でこっそり会いに行くね」
的な営業をして顰蹙をかったときいた。
 
いまだにCDは捨てられないし、曲は大好きだ。
そもそも、他のメンバーには罪はない。
ただ、ひとつ変わったことがある。
どのテレビを見ても、そのバンドは3人組に見えるのだ。
大好きだった彼は死んでしまった。
いくら彼がテレビでアップでぬかれようと、
しゃべっていようとも、彼であると認識できない。
最近、彼はバラエティー番組にも呼んでもらっていた。
その番組も、とても面白かった。
諸事情があって継続しつづけたFCの会報はこの春まで届いていた。
そこに元気そうに笑う彼の姿もあった。
でも、あれは私のことを好きといった彼ではないのだ。
私が積んだCDやガチャのお金で、奥さんの年金を払う男なのだ。
そう思うだけで悲しかった。
 
あの日私の中から推しが消えてなくなってしまった。
未だに悔しくて涙が出るときがある。
大好きだったから。
いつか私の命が天に召されて星になったとき、
私のことを大好きとあんなにたくさん言ってくれた
彼の魂とどこかで巡り会えますように。
たくさんの思い出をありがとう。
私くらいのレベルのお金や愛の注ぎ方で
そんなこと言ってくれるな、と思う人もいるだろう。
でも私は私の愛し方で彼を好きだったので許してほしい。
私の中で彼は死んでしまった。
きっと何かを間違えて、
彼の握手会に行ったとしても
私には彼に、はじめまして、と言うだろう。
 

私には今、大切な推しがいる。
バンドマンではない彼は、
色恋営業なんてできないし、
話せる機会もずっと少ない。
それでも、黙って結婚するような、
そんな人ではないと信じていたい。
正直すぎるほど正直で、
愛らしい人でいてほしい。

追伸
そんな死んでしまったはずの推しが
最近2.5系俳優と絡み始めて本当に苛々するので、精神的にとてもよくない。
過去の推しと、推しが被りませんように。
それだけを祈っている。
 

自己紹介がてらの応援スタンス

はじめまして。

地方住みのしがない2.5次元俳優オタ、
うにちゃんと申します。


主に2.5系の舞台の世界でがんばっている
1人のお兄さんを推していて、
2推しはちょくちょく入れ替わる*1
そんな感じで遠い水底から、きらきらしたイケメンを見つめる日々を送っています。 


○基本情報

地方在住
水底を這いずり回る社会人


○推しについて
とにかく顔がいい。
推し始めて3年目。
今までの歴代推しの中で、とにかく抜群に顔がいい。
 

○推す基準
私の理想をすべて叶えた人だったから。
あと、接触してみたら意地悪で可愛くて最高だったから。

 

○舞台を見に行く基準
この2年は推しが出ているものに関しては無条件で観に行っていたのだが、
去年すごく面白くないものに当ってしまって、
あんなものにお金を払うのは苦痛だな、と思っているので
今年続編が決まったが、
いっそ骨でも折って変わってくれないかな、と思っている。
行かなければならない、という強迫観念から逃れたい。


○舞台以外のイベントに行く基準
ありがたいことに現場が続いているせいか
沢山の人が出演するようなDVD発売イベ?
とかに呼ばれる時間ががほぼない。
個人イベは基本参加できるようにしてるけれど、
平日の観覧とかはさすがに厳しい感じ。
 

○遠征の基準
推しが出ていて、東京しかない公演の作品は見たければする。
二推し以降に関しては地元公演がなければ縁がなかった、ということにしている。

 

○公演グッズを買う基準
ブロマイドなどがある舞台の場合、
ブロマイドは手元に残ってもいいから開演前、
パンフは、観終わっておもしろければ買います。
面白くない舞台のパンフほど持って帰るのが億劫なものはないな、と思うので。
同じブロマイドをたくさん買うってことはあんまりない…。
何円以上で2Lとか言われたらその端数分買い足すことはあるけれど。
バッジとかはやめどきがわからなくて悩みますね。
いらないはずなのになぁ。

 

○雑誌を買う基準
あんまり買わないですね。
今までハマってきたジャンルで散々買い散らかして部屋が雑誌だらけなので。
あと、本人に雑誌買ったよ!っていう機会がないし。
意外とチェキとか当たらないし…。
貧乏なんで、お金の使い道は現場優先でと思ってます。

 

○映像を買う基準
作品として好きなものであれば買います。
(前述のおもしろくなかった作品のDVDは買ってない)
あとメイキングの量とかも関係するかなぁ。
dアニメで本編見れちゃうならいいや…と思うときもありますし。

 

○手紙について
基本的には遠征したときは毎回。
しっかりした舞台の感想がかければいいんだけど、
語彙力がないもんでいつもバカみたいな内容になる。

 

○プレゼントについて
基本、着るものが多いです。
でも推しと服の趣味が合わないので、
稽古着で着やすそうなブランドばっかりあげてしまう。
ア〇ィダスとかそういうの。
でも最初にあげたお洋服は稽古着にでも、
パジャマにでもしてねって書いたのに
お出かけ着にしてくれた優しい推しです。

 

○普段の行動
最近は昔推してたものを久しぶりに観に行く
合法的タイムスリップをして遊んでいます。

 

○同担について
同担…どこまでが同担なのかわかんないんですよね。
とりあえず今は同担のお友達はいないです。
仲良くしてもらってた先輩同担ちゃんが担降りしてしまったので、
バスツアーとかあるわけじゃないし、
1人で行っても別に苦じゃないのでいいかなって。
後は現場にも来ない、BL要素のあるものをRTしてるような人が
推しのことをフルネームで呼びするのが嫌。
推しがエゴサする人なので、気にするだろうなと。
あと無断転載してるのを背景にしてる人も友達にはたぶんなれない。
そして友達が増えない。


○総括
就職で地方から出ないと決めた時点で、
ゆるく推していくしかないはずなのに、
こんな風に頑張りたいとおもってしまうのは
推しが素敵だからなんだろうなぁ。
一生この仕事を続けたい、と思っていてくれる推しの、
支えにはなれなくとも、決して妨げにならない存在でいたいです。

 
とりあえず、こんな感じです。
どれだけ続けるかわからないけど書いてみました。

 

*1:脳内にランキングが存在していて、作品の評価で随時ランクアップする